Googleで検索される頻度が高い山(福島県の百名山)を調べてみました。
●検索調査はGoogleトレンドによる検索者数検索調査
●検索者は日本国内からの検索者
●純粋な検索プラス関連キーワードを含む
上記条件で、過去一年間、福島の山の検索順位で見ると、年間平均検索数の上位5位は
1位 磐梯山
2位 安達太良山
3位 吾妻山
4位 飯豊山
5位 燧ケ岳
という結果になりました。
やはり磐梯山は人気のある山ですね。
しかしながら9月15日の週に吾妻山の検索数が急上昇しています。この週は、吾妻山で小規模な噴火の可能性があるということで噴火警戒レベルが1から2に引き上げられていることが検索数がアップした理由だと思われます。
また、9月以降安達太良山がトップになりましたが、こちらは紅葉とのセット検索が多く、福島県内における紅葉の山として安達太良山が人気があることを示しています。

ちなみに、人気のある磐梯山が他の件の山と比較してどうなのか?まずは東北での人気比較です。

こちらは驚きの結果が出ました。なんと月山が圧勝です。
なんという人気でしょう。1月に一瞬八甲田山に、検索数を抜かれましたが年間では他を寄せ付けず圧勝しています。
では、東北の山、検索数チャンピオンの月山が全国でどうなのか?調べてみました。 月山の健闘は全国で通用するんでしょうか?

さすがに揺るぎなく富士山が検索キーワード第1位です。しかし富士山と比較しても月山は2位(暫定)です。
槍ヶ岳、穂高岳、燕岳という名だたる北アルプスの名峰を抑えて年間平均2位を確保しました。
この検索ランキングは、単純にキーワード検索の推移を抽出したものです。なので山好きとか登山者向け以外のあらゆる人の検索をベースに抽出されたデータの傾向にはなるのですが、それでも月山という名前が相当検索されているということがわかりました。
今度時間があるときに、日本百名山の検索ランキングを調べてみたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中