2018年5月6日 裏磐梯五色沼遊歩道散策

五連休(有給一日プラスなので)の一日は裏磐梯に来ました。
裏磐梯特有の空気や水の透明感を感じたくて朝早く自宅を出発しました。
車で走りながら、もしも雪が少ないようなら西吾妻山にも登ってこようと思いましたが、今日は登山靴ではなく、ローカットのハイキングシューズでした。ゲイターもないので、足元がドロドロになっちゃいますね。
当初の予定通り、五色沼を散策することにしました。



ヤマザクラはわずかに旬を越えた感じです。ほのかに薄桃色の花弁が雨に打たれています。


足元を染めるヤマザクラの花弁

少しぱらついた雨もやみ、水面は静かな佇まいです。
森の木が対称に湖面に映り込んでいます。遠くと近くから鳥のさえずりが聞こえる。
五色沼に来る人は、毘沙門沼だけではもったいないので、ぜひ、遊歩道をすべて歩くべきでしょう。(往復約8キロです)

シダ類が多く生えていて、原始の森を感じさせます。
以前磐梯山に川上登山口から登った時は、一面シダの海でしたね。
5月の葉色は若々しく、瑞々しいです。

森や林の中を歩くのはそれだけで楽しいものです。

不思議な色ですね。隣り合っているのに水の色が違います。
かといって、湖沼の水は濁っておらず近くで見ると非常に透明度が高い水です。



赤沼を見て一息つきました。

青沼です。ここはお天気よければさらに美しいコバルト色に湖面が輝くのですが、今日は雨なので落ち着いた深い青色です。
ここに来て、少し雨が降ってきました。気温も7度くらいで袖をまくっていると手が冷たい。

では引き返しますか

毘沙門沼に戻ってきたら、青空がのぞいていました。
磐梯山が綺麗だな。
一日いて、ビールでも飲みながら光の移り変わりに変化する山と湖をを静かに眺めるのもいいかも?

さて・・・明日は宇津峰山です。