2014年10月13日 安達太良山に登ってきました

三連休最終日、体育の日です。台風19号が日本を縦断しており、東北地方は13日夜遅くから大荒れになる見込みになっていました。福島県の天気予報でも午後からはお天気が悪化するとうことで、朝早く安達太良山に出発しました。
この三連休、土曜日が快晴、日曜日が次いでまあまあ晴れだったのですが、土曜日はおうちの仕事があり、日曜日は胃が痛くなり(鍋の食べ過ぎ?)でようやくのお出かけです。

R0003400
自宅を出発したのが4:50分です。薄い雲が空を覆っていましたが、まずまずのお天気です。ちょっと暖かいかな?(写真は本宮の交差点)

R0003403

岳温泉(だけおんせん)到着。上の写真は岳温泉最上部にある「岳温泉神社」です。ライトアップされていて雰囲気ありました。ついつい車を降りて撮影。

R0003410

R0003412_3
神社から振り返ると岳温泉の風景。早朝なので温泉街は静かです。

R0003413
車を走らせて登山道到着。ちょうど夜が明けてきました。
綺麗な朝焼けです。厳かな空。駐車場には数台の車が停まっていましたが、数人の方がカメラを構えて撮影されています。

R0003415
朝6時になりました。登山スタート。スキー場の脇を歩きます。芒の原ですね。

R0003419
なんか体が軽い。昨日は絶不調だったのに今日は不思議に絶好調です。登りなのに走れそうなくらい体が軽い。ザックには2キロの水、ラーメン、コーヒー必要のないシュラフまで入れて5キロもあるんですが、調子いいですね。

R0003422
スキー場の登りが終わってここから本格的な登山道。

R0003424
五葉松平到着。ここを飛ばして薬師岳に急ぎます。

R0003427
ここから・・・・・楽しみにしていた紅葉ロードです。(^^)
本当に見事な紅葉。ゆっくりご覧ください。

R0003429

R0003431

R0003430

R0003432
薬師岳手前。雲に浮かんでいるのは、おそらく蔵王連峰
コンパスで北から4度だから間違いないはず。

R0003433
薬師岳到着。厚くなった雲の上に太陽が昇ってきました。
下の写真の右上に尖っているように見えるのが山頂です。

R0003434
おーっますます絶景!
なんとなく、薬師岳に着くと半分山頂に到着した気持ちになるから不思議です。

R0003435
紅葉を楽しみ、黄色の葉を楽しみ歩きます。おひとりだけ下りてきた方とすれ違いました。
今日は登山者がいませんね。早すぎるのと、台風が来ているのと、御嶽山のこともあるのかもしれません。

R0003439
歩きやすい木道を進みます。

R0003440
立ち入り禁止区域の立て看板。沼の平周辺とくろがね小屋西斜面に有毒ガスが発生しているので立ち入り禁止と書いてあります。
R0003442

R0003444

R0003448

R0003449
さあ、山頂まであとちょっと
R0003450

R0003451

R0003453
紅葉と蔵王 (^^)

R0003454

R0003456
実に見事!紅葉が美しい!

R0003457

R0003458
でもって山頂です。

R0003461

R0003464

R0003465
和尚山です。稜線歩きしたいな

R0003466

R0003467
今日は山頂独り占め 山頂まで1時間19分でした。さて、紅葉も見られたし、台風も来るので急いで下山しましょう。

R0003470
沼の平の方へ歩いていきます。振り返るとケルンと山頂。

R0003471
標識が傾いていますね。(^^)

R0003472

R0003473
またもやケルン。絶妙に積んでるなあ~ (^^)

R0003474
牛の背の稜線にななかまど。こんな厳しいところでも綺麗な実をつけてるんですね。

R0003478
沼の平。二本松市の安達太良山の噴火情報でも、もし安達太良山が噴火するときは沼の平の可能性が高いとなってましたね。(過去一万年間に、しばしば水蒸気爆発が起きているそうです。)参照はこちら

R0003480

R0003482
さて、風も強いので下りましょう!
R0003483

R0003484

R0003487
くろがね手前で紅葉を眺めながらのんびりコーヒーを頂きました。
これが幸せなんですよね。(^^)
R0003488

R0003489

R0003493

R0003495

R0003496

R0003499

R0003501

無事下山しました。今日の登山時間は2時間40分でした。
R0003504

R0003505

このソースかつ丼は、岳温泉の名物です。(^^)